« 部署を超えたコミュニケーション策 | Main | 高齢者雇用に関して法改正案が出されます »

January 14, 2016

マタハラ防止に向けた法改正

マタハラ防止に向けた措置を企業に義務付ける法改正案が、次の通常国会に提出されるようです。

具体的には、男女雇用機会均等法と育児・介護休業法。

厚生労働省が労働政策審議会に上記法案の改正案を提出、了承されたとのこと。

◆改正案の概要

<男女雇用機会均等法>

産前産後休業などの妊娠や出産に関する制度を利用したことその他妊娠・出産に関する言動(嫌がらせなど)に関する相談に応じる体制などを整備する。

<育児・介護休業法>

育児休業等を取得したことに関する言動(嫌がらせなど)に関する相談に応じる体制などを整備する。

現在でも妊娠・出産、育児休業の取得を理由とした退職強要や降格などの不利益取り扱いは禁止されていますが、嫌がらせは対象になっていません。

今回はこのような行為にも、法規制の直接的な対象にしようということですね。 

具体的な行為については、改正法成立後に指針などが示されると思われます。

お役立ち無料小冊子5種類、人事・労務、人材マネジメントノウハウ満載のメルマガを発行しています。

詳しくはこちら
http://www.hrm-solution.jp/muryou.htm

|

« 部署を超えたコミュニケーション策 | Main | 高齢者雇用に関して法改正案が出されます »

50.人事・労務ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65197/63064706

Listed below are links to weblogs that reference マタハラ防止に向けた法改正:

« 部署を超えたコミュニケーション策 | Main | 高齢者雇用に関して法改正案が出されます »