« プロフェッショナル派遣について | Main | 就業規則改正案プレゼン »

September 16, 2015

コンビニ、中央集権型オペレーションから転換~人材戦略も見直しが必要

少し前ですが、2015.9.1の日経に、ローソンが神奈川県地盤のスリーエフと資本業務提携に向けて交渉に入るという記事が掲載されていました。

記事によると、ローソンはこの提携で、弁当やPBの地域限定商品の共同開発を目論んでいるとのことです。

コンビニチェーンはこれまで、中央集権型のオペレーションで業績を伸ばしてきました。

そのねらいは言うまでもなくスケールメリット。

そしてもうひとつは、本社の「プロ」が売れ筋商品を判断するということ。

店舗は本社のマニュアル通りに商品を発注し、陳列していればよかったわけです。
(実際は必ずしもそうではありませんが、あえて極端な言い方をしています)。

しかし、そのやり方がもはや限界にきているわけですね。

実際、店舗での独自の取組みが功を奏している例が出ています。

考えてみると、人が何かを買うという行為は、利便性だけに支配されているわけではありません。
それはたとえ、コンビニで日常のものを買うときでも同じでしょう。

昔ながらの商店街で買い物をするときに感じる楽しさは、人間が利便性や合理性だけで動いているわけではないことを示しています。

コンビニが地域に溶け込み、生活のインフラになると、そこに求められるものは、コンビニエンスだけではなくなるのですね。

さて、そうなってくると、人材戦略も異なってくるはずです。

従来の中央集権型オペレーションであれば、極論すると店舗は手足でよかった。

そこで求められるのは、本社のマニュアル通りに店舗を運営していくこと。

正確性と迅速性が最も重要な要件になります。

しかし、地域に密着した商品を開発するとなると、当然、その地域や店舗の意見を聞かなくてはなりません。

あるいは商品開発自体を任せるか。

本社の「プロ」が乗り込んでいって、MBA仕込みのマーケティング手法を駆使してもダメでしょう。

したがって、現場の人材に求められる要件も、課題発見力、企画力など、それまでの異なったものになるます。

事業戦略と人材戦略、車の両輪ということですね。

|

« プロフェッショナル派遣について | Main | 就業規則改正案プレゼン »

80.人材マネジメント全般」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Music-Map - The Tourist Map of Music Free Streaming Oldies.

Posted by: best streaming movie website | September 17, 2015 at 08:49 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65197/62291257

Listed below are links to weblogs that reference コンビニ、中央集権型オペレーションから転換~人材戦略も見直しが必要:

« プロフェッショナル派遣について | Main | 就業規則改正案プレゼン »