« 強みや特色がないと生き残れない | Main | 賃金制度の作り方指南~人材像を見える化するには »

June 24, 2014

意識の底流にあるものは思わず口をついて出るものです

おバカな都議のセクハラ発言。

つい口がすべったかのような物言いをしていますが、要はその程度の意識だったということですわね。

日頃そう思っているから、ああいうヤジになるわけで。

ふっと思い出したのは、数年前、社労士会の要請で、某役所で相談員をしたときのこと。 (職業安定局系の役所)。

朝、そこに行ったら、担当者から開口一番、「ではまず、所長にお目通りください」だと。

「お目通り」???

俺は信長に従える従者か?

「我らは民に君臨している官である。皆の衆は我らに平伏すべし」

表面上はどんなに取り繕っていても、彼らの意識はそういうもの。

それが、口をついて出たのでしょう。

しかも、何の悪気もなく、当然のようにね。

|

« 強みや特色がないと生き残れない | Main | 賃金制度の作り方指南~人材像を見える化するには »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65197/59871659

Listed below are links to weblogs that reference 意識の底流にあるものは思わず口をついて出るものです:

« 強みや特色がないと生き残れない | Main | 賃金制度の作り方指南~人材像を見える化するには »