« 人事屋が見た会社の仕組み~人事異動あれこれ | Main | 賃金制度の作り方指南~問題の所在をどう突き止める? Part2 »

June 17, 2014

人事屋が見た会社の仕組み~人事部はどこまでコントロールするのか、できるのか

人事部が人事に関する権限を一手に握っていると思っている人は少なくありません。 

しかし、私の知る限りそれは正しくありません。

実際のところ、人事部が果たす機能は「調整」です。
少なくとも、非管理職に関しては。

また、管理職や幹部職に関しても、人事部が決定を差配しているわけではありません。
それは、経営者の仕事です。

もちろん、「経営者」には人事担当役員も含まれます。
そして人事担当役員に情報や意見を上げるのは、人事部ですから、その限りにおいては、影響はありますが。

しかし、そうであっても、人事部が人事をすべて仕切るということはないでしょう。

理由は割と単純で、人事部といえども社員のことを全て把握しているわけではないからです。

人事部は、入社日などの属性情報や、これまでの人事評価記録などの人事情報は握っています。 ただ、それはあくまでも人事データ。

したがって、たとえば、「○○の業務を任せられることができる人」について、人事データから候補者を上げることは可能です。 (もちろん、人事データがどの程度整備され、データベース化されているかによりますが。)
また、部署に滞留している年数や、本人の希望などから、異動対象者をピックアップすることも可能です。

しかし、そこまでです。
最終的にどの人を異動候補者にするかを決められるのは、現場の管理者しかありません。

|

« 人事屋が見た会社の仕組み~人事異動あれこれ | Main | 賃金制度の作り方指南~問題の所在をどう突き止める? Part2 »

00_5.人事屋がみた会社のしくみ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65197/59830103

Listed below are links to weblogs that reference 人事屋が見た会社の仕組み~人事部はどこまでコントロールするのか、できるのか:

« 人事屋が見た会社の仕組み~人事異動あれこれ | Main | 賃金制度の作り方指南~問題の所在をどう突き止める? Part2 »