« 人事屋が見た会社の仕組み~人事部はどこまでコントロールするのか、できるのか | Main | 就業規則の作り方、見直し方~就業規則の裏には「人事ポリシー」あり »

June 18, 2014

賃金制度の作り方指南~問題の所在をどう突き止める? Part2

前回、現状分析には次の3つがあるというお話をしました。

①ポリシー分析
②制度分析
③データ分析

今回から、1番目の「ポリシー分析」についてお話ししましょう。

「ポリシー」とは、「人事ポリシー」、つまり、人事に関する会社の基本的な考え方を指します。

ここが意外とはっきりしていないことが多いのです。

賃金制度を変えることがまずありきで、ではその結果、会社をどうしたいのかが定まっていないわけです。

このまま制度構築を進めていくと、手戻りが発生します。

新制度に対して求めるものが、人によって全然違うということになりかねないからです。

制度の具体的な姿が明らかになっていくにつれ、「これは違うのではないか」という意見が次々と出てしまうわけですね。

そうならないために、まず最初に、「当社の人事ポリシーは何なのか」をきちんと分析・把握し、共有することが大事なのです。

|

« 人事屋が見た会社の仕組み~人事部はどこまでコントロールするのか、できるのか | Main | 就業規則の作り方、見直し方~就業規則の裏には「人事ポリシー」あり »

00_1.賃金コンサルティング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65197/59834396

Listed below are links to weblogs that reference 賃金制度の作り方指南~問題の所在をどう突き止める? Part2:

« 人事屋が見た会社の仕組み~人事部はどこまでコントロールするのか、できるのか | Main | 就業規則の作り方、見直し方~就業規則の裏には「人事ポリシー」あり »