« STAP細胞をめぐるバカ騒ぎ | Main | 「月刊人事マネジメント」6月号特集「評価制度の基本とトレンド」を執筆しました »

May 26, 2014

賃金制度の作り方指南~複眼思考で改革にあたる

賃金制度を改革しようとするとき、まず考えるべきことは、次の2点です。

賃金制度改革は会社に何をもたらすのか?

賃金制度に手を入れると、どんな効果があるのか?

◆2つの目線が必要

これを考えるには、経営者目線と従業員目線の両方が必要です。

およそ会社の機能というものは、会社の成長と存続のためにあります。

その点は、人事機能も同様です。

したがって、単純に考えると、賃金制度改革について考える際に必要なのは「会社目線」だけであって、「従業員目線」は不要に見えます。

しかし、実はそうではない。

ここが、他の機能にはない、人事機能の特徴なのです。

人事機能が会社の成長に貢献するのは、人材の活用と戦力化を通じてです。

それを実現するには、肝心の従業員自身のモラール、モチベーションを高くしなくてはなりません。

それ故に、会社が賃金制度改革など何らかの人事施策をやろうとするときは、経営者目線だけでなく、従業員目線も忘れてはならないのです。

|

« STAP細胞をめぐるバカ騒ぎ | Main | 「月刊人事マネジメント」6月号特集「評価制度の基本とトレンド」を執筆しました »

00_1.賃金コンサルティング」カテゴリの記事

Comments

Great post.

Posted by: toko baju bayi murah | February 25, 2015 at 03:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65197/59709360

Listed below are links to weblogs that reference 賃金制度の作り方指南~複眼思考で改革にあたる:

« STAP細胞をめぐるバカ騒ぎ | Main | 「月刊人事マネジメント」6月号特集「評価制度の基本とトレンド」を執筆しました »