Posts categorized "00_5.人事屋がみた会社のしくみ"

September 07, 2015

人事屋が見た会社の仕組み~人材バランスがポイント

人事はさまざまな要因で決まります。
その中で人事部が影響を及ぼせる範囲は案外限られていますが、その限られた中で、しかるべく調整作業を行います。

何を根拠に調整が行われるか?

これもいろいろありますが、そのひとつが「人材バランス」。

つまり、部署ごとの人材の偏りが出ないようにするということです。

「バランス」にも様々な尺度があります。

年齢、勤続、性別、レベルなど。

このうち、最初の3つは明確です。

難しいのが4つ目の「レベル」。

要は出来る社員か否かということなのですが、ここをきちんと把握できているかどうかが、人事部の力量ということになるのでしょう。

とは言ったものの、人事部が社員全員のレベルを把握しているわけではありません。

ここでポイントになるのが、「アベレージよりある程度上」と「やや下」の社員を把握しているかどうか。

と言うのも、抜群に優秀な社員や、(言葉は悪いですが)問題児は、割と容易に把握できるからです。

また、アベレージクラスの社員は、人材配置という局面に限って言えば、無色透明。 職種(営業職、技術職など)や年齢などの問題を別にした、純粋に人材レベルだけに着目すれば、どこにどう配置しても問題ありません。

そのいずれでもないクラスの社員が誰なのかを人事部はおさえます。(おさえるようにします)。

そして「この人が動いてしまうとこの部署は回らなくなる」とか「この部署はオーバースペックではないか」といった観点で、人事の調整を行うのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2015

人事屋が見た会社の仕組み~人事異動あれこれ

会社には「人事異動」があります。

ある程度の規模の会社になると、3月1日などと毎年同じ時期に、全社的に人事異動を実施する「定期異動」という「行事」があるのが一般的です。

そのように定期化していない会社の場合は、部署に欠員が出たとか新たな部署を作った、あるいは社員の業務経験を広げるといった様々な理由で、必要性が出る都度、人事異動が行われます。

定期異動がある会社でも、当然、それが全てではなく、上記のような随時の人事異動もあります。

人事の季節になると、様々な情報が飛び交い、会社全体が何となく落ち着かなくなります。

自分に直接かかわることですから、気になるのも当然ですね。

さて、この人事異動ですが、その内容、形態には様々なものがあります。

それを「異動の方向」を軸に整理すると、次のようになります。

(1)ヨコ方向の異動
(1-1)同じ会社の中:配置転換
(1-2)会社が変わる:出向、転籍

(2)タテ方向の異動:昇進、昇格

「いまと異なる状況になる」という点では、どれも同じですが、変化の内容や度合いは様々ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2014

人事屋が見た会社の仕組み~人事部はどこまでコントロールするのか、できるのか

人事部が人事に関する権限を一手に握っていると思っている人は少なくありません。 

しかし、私の知る限りそれは正しくありません。

実際のところ、人事部が果たす機能は「調整」です。
少なくとも、非管理職に関しては。

また、管理職や幹部職に関しても、人事部が決定を差配しているわけではありません。
それは、経営者の仕事です。

もちろん、「経営者」には人事担当役員も含まれます。
そして人事担当役員に情報や意見を上げるのは、人事部ですから、その限りにおいては、影響はありますが。

しかし、そうであっても、人事部が人事をすべて仕切るということはないでしょう。

理由は割と単純で、人事部といえども社員のことを全て把握しているわけではないからです。

人事部は、入社日などの属性情報や、これまでの人事評価記録などの人事情報は握っています。 ただ、それはあくまでも人事データ。

したがって、たとえば、「○○の業務を任せられることができる人」について、人事データから候補者を上げることは可能です。 (もちろん、人事データがどの程度整備され、データベース化されているかによりますが。)
また、部署に滞留している年数や、本人の希望などから、異動対象者をピックアップすることも可能です。

しかし、そこまでです。
最終的にどの人を異動候補者にするかを決められるのは、現場の管理者しかありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

人事屋が見た会社の仕組み~人事異動あれこれ

会社には「人事異動」があります。

ある程度の規模の会社になると、3月1日などと毎年同じ時期に、全社的に人事異動を実施する「定期異動」という「行事」があるのが一般的です。

そのように定期化していない会社の場合は、部署に欠員が出たとか新たな部署を作った、あるいは社員の業務経験を広げるといった様々な理由で、必要性が出る都度、人事異動が行われます。

定期異動がある会社でも、当然、それが全てではなく、上記のような随時の人事異動もあります。

人事の季節になると、様々な情報が飛び交い、会社全体が何となく落ち着かなくなります。
自分に直接かかわることですから、気になるのも当然です。

さて、この人事異動ですが、その内容、形態には様々なものがあります。

それを「異動の方向」を軸に整理すると、次のようになります。

(1)ヨコ方向の異動
 (1-1)同じ会社の中:配置転換
 (1-2)会社が変わる:出向、転籍

(2)タテ方向の異動:昇進、昇格

「いまと異なる状況になる」という点では、どれも同じですが、変化の内容や度合いは様々ですね。

| | Comments (12) | TrackBack (0)